トップページ > 英文解釈 > 英文を返り読みしないトレーニングになる

英文を返り読みしないトレーニングになる

実は私、大学受験生の時は返り読みしかできませんでした。
だから英語の長文を読むのにとても時間がかかりました。
試験時間の短いセンター試験のほうが、二次試験よりもむしろ苦手だったくらいです。

ところが、大学院生になって、たくさんの英語論文を読む必要に迫られました。
1編の論文が10ページとか、そのくらいです。
そんな状態でいちいち返り読みで英語を読んでいては時間がかかりすぎてしまいます。
そこで、返り読みでなく、頭から理解するという英語本来の方法に読み方を切り替える必要があったのです。

そこで有効たっだのが英語の音読。

もちろん最初は苦労しましたが、やっているうちに分かってきました。
受験英語といえども、もともとは人と人とが話すための言葉。
目で読むだけでは分からない「文章のリズム」が自然と分かってしまうのです。

「文章のリズム」が分かるとどうなるか?

主語がどこまでか、目的語がどれか、that節はどこまでかかっているか、などの文章の構造が、いちいち返り読みしなくてもわかるようになったのです